前へ
次へ

自分を守るために労働相談に行くことは必要

労働に関するトラブルやハラスメントなどを含む問題を相談するためには、自分1人だけで悩んでおらず、最寄の相談窓口に相談しましょう。
とくにサービス残業や休日出勤などトラブルの種は多数存在していますが、金銭的な面などから口をつぐんで転職をしてしまう人が少なくありません。
発生したトラブルを解決するためには、勇気を持って率先して行動をとることが必要です。
行動を取るに当たり大切なポイントとしては、どんな問題をどこで相談したらいいのか理解することでしょう。
全般的な労働問題に対する窓口は存在していますが、問題によっては別の窓口を紹介されることが少なくありません。
そのため、できるだけ最短で問題解決のサポートを受けたい場合には、どの問題にどんな窓口が存在しているのか、把握してから相談しましょう。
明らかに労働法に違反している行為や、法律ギリギリの場合には労働基準監督署に相談するべきです。
全ての労働相談を受け付けていますが、とくに労働法違反に関連した相談を受け付けてくれることが多いです。
中でも法律違反となっている場合や法的トラブルの可能性が高い場合には、法テラスがいいでしょう。
労働法違反に対して詳しい弁護士を紹介してもらえます。
弁護士に知り合いがいない人の場合には、法テラスに相談するのが問題解決するための一歩です。
人権、とくにパワハラやモラハラなど、ハラスメント全般に関連した相談の場合には、人権110番に相談したほうがいいでしょう。
具体的にどんな部分で相談を受け付けているのか、どんな対処法があるのかなどについてアドバイスしてくれる可能性が高いです。
なお、会社が労働組合に加入をしている場合には、労働相談専用の窓口として、労働組合に専門の窓口が存在しています。
労働に関連したさまざまなトラブルに関して対処してくれるため、労働組合に加入している企業に勤務しているなら、活用してください。
今後もパワハラやモラハラが続く可能性があるのなら、早急に証拠を集めて相談に訪れたほうがいいでしょう。
自分を壊してまで労働をする必要はありませんが、今の職場が気に入っているだけではなく、退職後自分に罪がないことで悪口を言われたりしないためにも戦うことは必要です。

空間をもキレイにする水
加湿器のお水としてご利用いただくことで、お部屋全体の菌を減らすことができます

地盤沈下による家の傾きは私たちにお任せください
低価格で適正な工法をご提案いたします

長期保証のため安心して依頼できます
最大30年の長期保証を行うなどアフターフォローも万全なので施工後何かあった場合も安心です。

日時指定ができる業者もあるので便利です

無料サービスの充実している会社もあります
無料でボタン付けやシミ抜き・選択した服の保管などを行うなど、服のメンテナンスもしてくれます。

Page Top