前へ
次へ

不当解雇や残業代などは弁護士に労働相談

残業代の不払いや一方的な解雇やパワハラやセクハラなどについて悩んでいるなら、労働問題について経験豊富な弁護士事務所に労働相談することをおすすめします。
まず解雇については雇用主が勝手に行うことはできないので、不当解雇については無効を主張することができます。
しかし退職届を出してしまうと解雇を認めてしまうことになってしまいます。
このように解雇についても、こちらの正当性を主張するには様々な条件があるので、法律の専門家である弁護士事務所の力を借りることが大切なのです。
いきなり解雇されてしまえば収入を失い路頭に迷うことになりかねないので、法律の専門家の協力で解雇の不当を主張することです。
また残業代不払いについては、どのような仕事についていても請求することができます。
定時を超えて働けば残業代は発生するので、報酬を請求するのは当然のことなのです。
そのため残業代不払いについても、経験豊富な弁護士事務所に労働相談してみることです。

Page Top