前へ
次へ

労働相談のことなら弁護士に

働いている職場の待遇などに対して何らかの疑問を持たれているかたはいないでしょうか。
勤務時間について法定外の残業を強いられていたり、残業代を不正にカットされている、タイムカードを押させられて退社したように見せかけて、残業をさせられたり、有給休暇を取得したように見せかけて、実は出勤させられているというようなさまざまな労働状態においての疑問や不満というのはそのままにしておいてはいけません。
現在は労働に対して厳しくなっていますし、雇用主というのは違法な雇用を行っている可能性があります。
そのため、労働に関しての法律に強い弁護士に相談をされることが大切です。
労働相談を行う際には確実に違法性があるという場合ではなくても、もしかしたら違法なのではないかというような場合でも構いません。
働くことにおいて何か辛いという気持ちになったのであれば、それは法的に対応することができるかもしれませんので、一度労働相談を行うことが大切です。

Page Top