前へ
次へ

不当であるために労働相談をしよう

労働者にとって、会社が残業代を支払ってくれない、そうしたことはないかもしれませんが、その残業時間に問題があれば、過労によるメンタルヘルスに繋がる可能性もなきにしもあらずです。
以前は、ブラック企業による過労死の問題がメディアでも取り上げられていたほどで、辞職もできない労働者の心身的負担が懸念されていました。
今は、労働相談の窓口、コールセンターが開設されており、法律上の問題があれば、弁護士の紹介も担ってくれます。
今もなお、セクハラやパワハラに怯える女性労働者がいるかもしれません。
様々な労働 問題があり、個人ではその解決や交渉すら難しいものです。
意見するだけで目を付けられる、解雇されるかもしれない、せっかく務めることができた会社ならば辞めるのは考えものです。
だからこそ、労働相談に弁護士が介入しているのです。
企業も顧問契約するほど信頼されており、双方にいいように解決に向けた交渉を行ってくれます。
もちろん、法律家ではありますが、得意として積極的に取り組んでいる内容があるはずです。
不当解雇や退職勧奨、こうした内容は定年間際となる60代労働者に多い傾向です。
定年ギリギリまで住宅ローンの返済が残っているのに、早期退職すれば退職金を出す話をされることもあります。
表沙汰にはしないものの、リストラ対象者とした話を持ち出されることもあれば、不当な内容であることを弁護士に相談しましょう。

Page Top