前へ
次へ

有休休暇の消化に対する労働相談

労働相談させる側として相談理由に多くあるのが、有休休暇の買取です。
退職することが決まり、今まで利用して来なかった有休休暇を買い上げて欲しいと依頼してくる例が多くなっています。
本来なら辞める前に休暇を取りたいけれど、引継ぎなどの仕事が残っていることから、休みを取ることが難しいと言う人がいます。
この場合、会社側の好意として金銭を給付することは、労働基準法には違反しないものと考えられます。
ですが退職に伴うことで消滅してしまう有休休暇において、使用者側が買い上げをしなくても良いことになっています。
労働相談として考えることは、この場合買い上げをすることが労働基準法には義務づけられていないことで、無理に金銭を給付する必要はないと言うことになっていることです。
企業によっては有休休暇を買い取ってくれる所もありますが、その多くは有休休暇を消化する企業が多いと言うことになっています。
そのため退職希望を考えた時には、有給休暇を上手に消化しておくのも、一つの方法となります。

Page Top