前へ
次へ

弁護士に労働相談しよう

国内では、様々な労働問題が起きていて、たとえば、長年勤めていた会社から一方的に解雇されることがあります。
よほどの資産家でない限り、解雇されてしまう、その人の生活に重大な影響が出ることが多いです。
解雇後に、再就職するとしても中々うまくいかないことも少なくありません。
特に、中高年の場合の再就職は困難を極めます。
解雇に関する労働相談を弁護士に行えば、様々なアドバイスをしてくれますよ。
たとえばですが、弁護士に解雇に関する労働相談をすると、「退職届け」は絶対に出してはいけないということを教えてくれます。
退職届けを出してしまうと、解雇無効を争うことができにくくなるので注意しましょう。
会社から退職届けを出すことを要求された場合には、「解雇通知書」をだしてもらうのが、法的に不利にならないで済む方法です。
弁護士に相談すれば、解雇を無効にできることがあり、そうなると、「働くことができなかった期間の給料」や「未払いの残業代」の支払いを請求できることになります。

Page Top